ココロほっこり!レシピ

ココロが美味しい!テラコッタ風味のナチュラル素材。

2016年5月29日

DG1

昨日の28日(土)PM6:00~達磨窯の火入れでPM7:00から参加。
半年ぶり今年初の達磨窯の焼成。曇り空で暑くもなく心地のよい朝。

DG2
半年ぶりで雨も多かったせいか?熱が煙道から煙突に抜けないトラブルが・・
焚き始めて10時間近くになるが400℃から温度が上がらない。

DG3

焼成室内の煙炎を煙突にぬけるように湿気のある煙道を温めるが・・なかなか

DG4

焼成室を少し開けて煙炎を焼成室から直接逃がして燃焼室の薪が燃えるようにし温度をあげていく作戦に!
少しずつ煙道が温まり煙炎が煙突へ抜け出して、燃焼口・ロストルから空気をより吸い込むようになり、
燃焼室の薪が燃えだし燃焼室がオレンジ色に明るくなってきました。
いつもより遅れながらも温度が徐々に上がりはじめ、
燃焼室に熾きたまらないように燃焼室の薪をかきまぜながら焼成していきます。
自分は29日(日)AM2:00に撤収。

DG5
5時間後に再参加。
交代で27時間焚き続けて29日(日)AM9:00にコミ!をして終了。

2016年5月13日

lean2

lean

真っ白なドアにグレーの「lean」がシュッとひきしまって!
テラコッタの暖色系のロゴがやさしく情熱的でドアの向こう側で情熱をムダなく時代が求めている価値を生み出している!
質感がさらにオフィスのアイデンティティ!ポリシーをリアルに肌感覚で伝えています。

by瓦職人 清水

2016年5月5日

ビーチグラス
ビーチで、子供たちが「きれい〜」と言いながら拾うビーチグラス!
自分も子供ころは、宝物のひとつでしたが…
大人になっていつも間にか!ただのゴミとして認識していました。
子供の素直な感性になにか!気づかされました。

by 清水

2016年5月1日

ミシュランガイドのお店

地魚地野菜 旬
地元淡路島の旬の食材を和洋さまざまな料理で味覚・視覚もちろん五感を楽しませてくれるお店。

料理料理
本日のおすすめをいただきました。

一品一品がとにかく美味し~い(´▽`)お酒も進み!!
落ち着いていてアットホームな雰囲気が自然と会話も弾み!
ほんまに居心地がいい。

繁盛店の看板

書家の書く動きある旬の一文字が、いつも新鮮さな活魚をイメージさせ!
また天然木無垢の一枚板と焼きもの瓦の質感が素材へのこだわりを感じさせます。
無垢一枚板の存在感と落ち着いた黒っぽいグレーは料理人の自信と妥協を許さない「旬」のポリシーがダイレクトに伝わります。

ミシュランガイドもそうですが!地元の人達はもちろん遠方からのお客さまにも人気で繁盛しているのが、ほんまにうれしい。

by 瓦職人 清水

TOP
VASARAとは
使い方
工房ブログ
お問い合わせ
ばさら工房
こだわり
技・伝統
制作事例
制作の進め方
家紋・名字の表札
和風のサイン・看板
オンラインショップ
オーダーメイド
カフェ・レストランの看板
店舗・ギャラリーのサイン
アルファベットの表札
VASARA TERRA
キューブ煉瓦
サイン・マーク